fc2ブログ

京大のカンニングに思う。

京大のカンニングに思う


浪人
母の期待
経済的理由
合格可能ラインに居る
センター試験で思い通りに効果が出なかった。
まじめ


などなど
色々な背景があったのだろう


ちなみに
私も浪人を経験しているが
今の時代は、推薦、AOなどで受験をしなくても、大学に入れる子供が多い。
だから
浪人をする学生も減っており、浪人そのものがプレッシャーなのかな?

さらに
失敗を恐れる、または人の失敗をすぐに攻める
世間(くだらないマスコミ)の風潮もある。

若いころの失敗は肥やしになるのに!!

この学生
試験中に携帯電話を使って机の下で、せっせとブラインドタッチで質問サイトに投稿をしてたらしい。
ただ
すこし
ネットの知識がなさすぎたのだ
携帯から投稿すればすぐに特定できる。
少しお粗末

もっと
巧妙に
知人や仲間どうして問題をやり取りしていたら
今回の件は発覚しなかっただろう。
「バカな奴」とほくそ笑んでいる人もいるのかもしれない。


今回の件は
確かにカンニングした奴が一番悪い
しかし
これほど報道されれば社会的制裁をこの学生は十分受けただろう。
また
見せしめにもなっただろう。


もっと
単純に考えると

どうして携帯電話を試験会場で持たせるの?
この後、携帯電話を机の受けに置かせる処置をとったらしいが
当たり前だろう!!


いくらブラインドタッチで投稿しても
返事は携帯画面を見ないといけないから、この学生はかなりの時間、携帯の画面を見ていたはずだ。


試験監督者がいたろうに??

京大は監視体制に不備がないって堂々と言っていたが
これほどのことをやられて、よくも言えたものである。


鍵は泥棒をする気のない人に、盗みをさせないためにかけるのだ。


そして
「神様は必ずいるのだ。そしていつも空から我々のことを見ているのだ」
と無神論者であるインチキ父親は子供にいつも伝えてきた。
日本には八百万の神々がいるのだよ
きっと!


スポンサーサイト



スタッフ心得3 満開の笑顔

先日
沼津で初めて太刀魚釣りに出かけてきた。
初めて乗る太刀魚船釣りだったのだが

地元のダイビング船ふじなみ丸の若船長が一緒に行ってくれたので手配等はお任せだったのだが、
道具や着ていく服、マナーなど
陸からのスズキ釣りとは勝手が違うので結構戸惑ってしまった。

そう
久しぶりに初心者の心境である。

スタッフ心得
振り返って
安良里にいらっしゃるお客様は
初めてのお客様はスタッフも緊張するのだが、お客様はもっと不安なのだ
特に初心者の方は
・何を持って行けばいいの?
・スキルが下手で迷惑かけないかな?
・どんな格好がいいのか?
  服・靴・水着
・スタッフに馴染めなかったら?
等々
きっと心配でいっぱいのはずだ。

だから
スタッフはいつもお客さまに気を配るのはもちろだが
一つ大切なことは

まず
あいさつを交わすよりもまず
お客様と目があったら
「ようこそ」という言葉をつぶやきながら
満開の笑顔でお迎えすることだ。

疲れているとき、急がし時にも忘れずにできるように
日夜トレーニングせねば!

今年は
初心者の方の不安を少しでも和らげるように
HPを見たら解決するコーナーを作成中です。

このブログのコメント(ダイレクトメールでも)に
「私が始めた時、こんなことが不安だったまたは困った」
などの
皆様のアドバイスをいただければ幸いです。
あの頃の初心に帰ってみるのも良いかもです(^-^)

安良里ダイビングセンターHPへ






スタッフ心得 2

スタッフ心得 2
とあるが別に2番目に大事という訳ではない



失敗を恐れるな
大切なことは同じミスを繰り返さないこと
一生懸命やった上でのミスは咎めてはならない

ミスを隠さず報告すること
隠すことも問題だが、隠ぺいする体質に問題がある

ミスをチャンスに変えること
クレームはチャンスということだ

クレームを付けたくてクレームを言うお客様はほとんどいない。
お客さまだって文句は言いたくないのだ!


お客様に言い訳をするのは最悪
言い訳している前に
お客様が困っているのだ
誰のせいではなく
何をして差し上げればお客様が困っていることから抜け出せるかに全力を尽くすことだ。

問題がサービス側にあるなら、問題を迅速に解決し誠意をもってお詫びすること。
もし
お客様の勘違いなら、それは問題が解決されて一緒に喜べばよいのだ。

お客様のクレームがしっかり解決されると、そのお客様と長い付き合いできることが多い。




スタッフの心得1

今日は久しぶりにスタッフ勉強会

2年前の資料だが
同じ内容も時間がたって読み返すと
違った風に見えてくる

特に自分自身が成長していると同じことでも
しみこみ方が違う。

安良里ダイビングセンターの目標

お客様が再び安良里ダイビングセンターを使って潜ってみたいと思っていただく。
そして
安良里を訪れたことで今まで以上にダイビングが楽しくなる。安良里が好きになる。

言うは易し
されど・・・。

新聞の読み合わせ

前のブログで
報道の書いていることを鵜呑みにすべきではないと書いたのだが、

安良里ダイビングセンターでは
毎朝、新聞の読み合わせを始めている。

むかし
少し社会の中で録をもらったていたころに、毎朝会社でやらされていた事の簡易版ではあるが・・・。

インストラクターだから海のことだけ知っていれば良いというものではないだろうと考えてのことだ。

今までニュースに全く見むきをもしなかったスタッフに、あっているかどうかは解らないが、こんな考え方をしている人もいるという程度のつもりで、解説をしてあげている。

やりながら
知らない言葉たくさんあったり、改めて認識したり、新聞の記事に疑問を持ったりといろいろと考えさせられることが私自身にもあり、いろいろ調べたり考えさせられている。
もっとも勉強させられているのは私かもしれない。

忙しくなってくるこれからの時期
果たして続けられるか
はたまた
スタッフが自分から新聞に目を通せるようになるのが先か?


何時までも
学ぶ姿勢を見せてあげないと

だけは思っているのだが・・・。